不動産賃貸の際に発生するコスト

持ち家・マンション、投資物件等、賃貸に出す際には、不動産のオーナーと借り手を仲介・管理してもらう会社に対して、オーナー・借り手双方が事務手数料を支払わなければなりません。料金は「不動産契約成立後にそれぞれ1カ月分」等、会社によって設定基準があるので、管理会社を選ぶ際の一つの目安にしてもよいでしょう。また、オーナー側は、借り手が変わる都度、支払いが発生します。短期間に借り手が変わると負担が増えることになります。家賃収入を考えている方は多数いると思いますが、収入面だけでなく、これらのコストも考えておかなければなりません。

住居の賃貸契約時には、各種手数料が発生します。仲介手数料は、入居者と大家の契約を仲介したとのことで、不動産に支払う手数料であり、初回契約時のみの支払いとなります。法律では、家賃の1か月分を限度に受領する事ができるとあり、殆どは、入所者と大家と半分ずつの金額を支払うことが多いようです。更新時の契約には、更新手数料がかかります。これは、更新契約の際に作成する書類作成費用などであり、入所者と大家の契約を仲介した不動産への手数料を支払う金額です。ちなみに更新料は、大家に対して支払う金額です。その他にも、宅地や建物の売買、交換など上記のものに当てはまらない仕事に対しても事務手数料として請求されることがあるようです。